Googleサイト内検索:

We have been making great strides now
会社情報求人情報営業地域サイトマップ



$siteCategory

ブログのトップへ

カテゴリー

diary(109)

受注例あれこれ(22)

趣味・個人のこと(17)

知っておくと役に立つこと(28)

営業活動(23)

最近のエントリー

新聞広告のデザイン

学校案内の撮影

透明カバー付きのハンドブック

5色刷りの効果

厚紙印刷

カラーチャートを印刷テスト

デジコン色校正の終了

カラーバーとインキ濃度と本機校正

菊全5色機導入しました

断裁機と計数器

プロフィール

大信印刷株式会社:セールスディレクター。DTPエキスパート。
大学を卒業して大信入社以来、気がつけば20年以上営業一筋。 毎日の営業の中で出会った人、仕事、経験、喜び、失敗を大切に少しでも営業として成長していきたいな、と思っています。

ご相談はお気軽に…

hatakeyama@dprint.co.jp

学校案内の撮影

学校案内の新年度版が出来上がる季節になった。4月に仕上げるとなると冬の間に制作をしていかなければならないが、この制作スケジュールで一番苦労するのが撮影だ。

理由のひとつは学校は授業や行事、試験、クラブ活動など先生も生徒も時間の拘束が多く、撮影日と時間が限られること。
もうひとつの理由は2月3月に撮影することが多く、特に屋外撮影は天候や太陽光線の向き、強さ、風など撮影条件も厳しい。寒いとモデルの生徒の表情も強張るし、夏服で撮影の時は本当に気の毒だ。もし中止になると予備日も限られるので撮影前の1週間は天気予報を見ながら祈るばかりだ。

さらにもうひとつ、どこの学校でも撮影スポットというのは限られるもので、毎年デザインを変えていくのも悩みの種だ。

とはいえ、撮影は楽しい!仕事の中で唯一楽しみにしている時間がそこにある。下手だけど写真が好きで、ついつい自分の趣味の時間と化してしまっているのだ。


デザイナーさんにデザイン案を作っていただくためにロケハンをして自分のカメラでカンプ用撮影。

建物だけのものと、
rokehan1.jpg

人物のスケールが分かるもの
rokehan2.jpg


その撮影分の中からデザイナーさんがデザイン案を作成。
satsurafu2.jpg


決定したものを撮ラフとして本番の撮影。
satsuei.JPG


撮影された写真をデザイナーさんがレタッチしてデザイン仕上げ
kansei2.jpg

色々と制約のある中での撮影で仕上げにはご苦労されてますが、
さすがうまく仕上げてくれます。プロのお仕事ですね〜


[ 2017年04月28日 ]

このページのトップへ
このサイトについてDTPエキスパート紹介個人情報保護方針について個人情報の取扱いについて
Powered by Movable Type 3.151-ja