Googleサイト内検索:

We have been making great strides now
会社情報求人情報営業地域サイトマップ



$siteCategory

ブログのトップへ

カテゴリー

diary(109)

受注例あれこれ(22)

趣味・個人のこと(17)

知っておくと役に立つこと(28)

営業活動(23)

最近のエントリー

新聞広告のデザイン

学校案内の撮影

透明カバー付きのハンドブック

5色刷りの効果

厚紙印刷

カラーチャートを印刷テスト

デジコン色校正の終了

カラーバーとインキ濃度と本機校正

菊全5色機導入しました

断裁機と計数器

プロフィール

大信印刷株式会社:セールスディレクター。DTPエキスパート。
大学を卒業して大信入社以来、気がつけば20年以上営業一筋。 毎日の営業の中で出会った人、仕事、経験、喜び、失敗を大切に少しでも営業として成長していきたいな、と思っています。

ご相談はお気軽に…

hatakeyama@dprint.co.jp

カラーバーとインキ濃度と本機校正

印刷ではインキを一定の濃度に保つことが重要だ。刷り出しではいかに基準の濃度にすばやくセットできるか。刷り出してからは最後まで同じ濃度を保てるか。これらの作業は印刷する絵柄だけを見て判断することは難しいので、余白部分にカラーバー(カラーパッチ・コントロールストリップとも言う)を入れ、測定器で濃度を測り調整していく。
昔は測定器で測定する、インキの濃度を調整する、また測る、また濃度調整、…といちいち手間がかかっていたが、今では印刷機のオペレーションスタンドに測定器が付いていて、カラーバーを読み取り、濃度を測定してインキ量を自動で調整できるようになり飛躍的に作業効率が良くなった。

この測定器付きの印刷機は自動で基準濃度が保たれるので品質が安定し、本機校正にもオススメ。
新台の菊全5色機にも付いてますので、本機校正も本刷りも安心してお任せください!


[ 2016年02月29日 ]

このページのトップへ
このサイトについてDTPエキスパート紹介個人情報保護方針について個人情報の取扱いについて
Powered by Movable Type 3.151-ja