$siteCategory

ブログのトップへ

カテゴリー

diary(106)

受注例あれこれ(19)

趣味・個人のこと(17)

知っておくと役に立つこと(26)

営業活動(23)

最近のエントリー

5色刷りの効果

厚紙印刷

カラーチャートを印刷テスト

デジコン色校正の終了

カラーバーとインキ濃度と本機校正

菊全5色機導入しました

断裁機と計数器

クラウドでデータを共有する

ページネーション

手書きフォント

手書きフォント

印刷業界で文字組版をする場合、一般的に良く使われるフォントは「モリサワ」を代表にいわゆるフォントメーカーのものが基本だ。しかし個人の場合はパソコンやソフトに付いているフォントであったりすることが多い。
またネットで検索すれば、フリーフォントがたくさん見つかる。ただ漢字が揃っているかの保証はなく、ひらがなを入力して漢字変換してみると1字だけ出て来ないなんてこともある。だから見出しなど短い文なら確認しながら使えるが、本文など長文だと後で困ることになるかもしれないので使うことはお勧めできない。

とはいえフォントメーカーが創るフォントに比べ、本当に個人が手書きしたような味わいが何ともいいので、暖かみを出したい掲示ポスターを作成するのに使ってみた。

tegakifont.jpg

いかがでしょうか。もちろん、文字をアウトライン化しておけば印刷だってOKです。ただし商用OKとかフォントを利用の際には必ず利用条件やライセンスにご注意を!


[ 2015年04月30日 ]